Brochure(pdf)

旅館業・飲食業はこちら 卸売業はこちら

平成19年12月 3日制定
平成20年 2月 4日改正
平成20年 3月11日改正
平成20年 8月20日改正
平成22年 5月10日改正
平成22年12月22日改正
平成23年 2月9日改正
平成23年 5月27日改正
平成25年 6月7日改正
平成26年 5月9日改正
平成27年9月4日改正
平成28年5月31日改正


大分県豊後牛流通促進対策協議会(以下、「協議会」という。)規約第4条の(1)に基づく小売業者におけるおおいた豊後牛取扱店会員(以下。「取扱店会員」という。)の認定方法及び取扱店会員が遵守すべき事項等については、本要領に定める


第1 取扱店会員の有資格者

本協議会が認定する取扱店会員の有資格者は、協議会の目的に賛同する小売業を営む者とする。

第2 取扱店会員の位置づけ
協議会による取扱店会員の認定を持って、協議会の取扱店会員とする。

第3 会費の納入
 
取扱店会員は、別に定める会費を協議会に納入しなければならない。

第4 取扱店会員への支援
1 

取扱店会員は、協議会長が別に定める規定に基づき、おおいた豊後牛取扱卸業者会員(以下、「取扱卸業者会員」という。)又は協議会から、販売促進資材等の提供を受け、おおいた豊後牛の販売促進のために利用することができる。
なお、販売促進資材等の取扱については、次の(1)から(3)に従うこと。

(1)

「おおいた豊後牛」
取扱店会員は、「おおいた豊後牛」ロゴマークの印刷物等の販売促進資材については、以下の「おおいた豊後牛」の基準に合致する牛肉、加工品若しくは調理品(以下の基準に合致する牛肉を主原料として使用し、協議会の承認を得たものに限る)のピーアールを行うために使用すること。
「おおいた豊後牛」の基準
大分県内で最も長く肥育された36ヵ月齢未満の黒毛和種のうち肉質等級2等級以上の牛肉。但し、繁殖用に供しておらず、発育遅延等により月齢基準を満たさないものについては、別途会長と協議し、承認された場合には、例外的に使用することができるものとする。

(2)

「おおいた豊後牛 頂」
取扱店会員は、「おおいた豊後牛 頂」ロゴマークの印刷物等の販売促進資材については、以下の「おおいた豊後牛頂」の基準に合致する牛肉、加工品若しくは調理品(以下の基準に合致する牛肉を主原料として使用し、協議会の承認を得たものに限る)のピーアールを行うために使用すること。
「おおいた豊後牛 頂」の基準
大分県内で最も長く肥育された36ヵ月齢未満の黒毛和種のうち肉質等級4等級以上の牛肉。但し、繁殖用に供しておらず、発育遅延等により月齢基準を満たさないものについては、別途会長と協議し、承認された場合には、例外的に使用することができるものとする。

(3)

「豊味いの証
取扱店会員は、「豊味いの証」ロゴマークの印刷物等の販売促進資材については、以下の「豊味いの証」の基準に合致する牛肉、加工品若しくは調理品(以下の基準に合致する牛肉を主原料として使用し、協議会の承認を得たものに限る)のピーアールを行うために使用すること。
「豊味いの証」の基準
「おおいた豊後牛」のうち食肉脂質測定装置で計測したオレイン酸含有率が55%以上の牛肉。

2 

キャンペーンの実施
取扱店会員は、協議会が実施する販売促進キャンペーンの参加に必要な資材の提供を受け、キャンペーンに参加することができる。

3 

ホームページ等への掲載
協議会長は、協議会が運営するホームページやパンフレット(認定店舗一覧)に取扱認定店の情報等を掲載するなど広報を行う。


第5 認定手続
(1)

取扱店会員
取扱店会員は、取扱卸業者会員又は大分県豊後牛流通促進対策協議会事務局(以下、「事務局」という。)から提出されたおおいた豊後牛取扱認定店推薦書(第1号様式)に基づき、大分県豊後牛流通促進対策協議会幹事会(以下、「幹事会」という。)において審査の上認定するものとする。

(2)

加工品
(1)により、認定を受けた取扱店会員は、加工品におおいた豊後牛のロゴマークの利用を希望する場合、おおいた豊後牛加工品申請書(第2号様式)に必要な書類を添付して協議会長に提出し、協議会長は幹事会で内容を審査し、承認するものとする。


第6 取扱店会員基準
第5の取扱店会員の認定基準については、次のとおりとする。
(1) 店舗の年間取扱数量が原則として600kg以上であること。ただし、頭部、頸部、脛部、尾部、及び横隔膜を含む内臓肉を除いた数量とする。
(2)

複数店舗を扱う企業等については、年間取扱数量が店舗数に(1)の取扱数量を乗じて得た数量以上であること。

(3) その他、幹事会において特に認めるものとする。

第7 取扱店会員の遵守事項
1 

大分県豊後牛流通促進対策協議会が定める諸規定を遵守すること。

2  牛の個体識別のための情報の管理及び伝達に関する特別措置法(牛トレサ法)に基づく牛個体識別番号の表示及び食品表示法に基づく表示を行うこと。
3  生産履歴を明らかにするため、独立行政法人家畜改良センターが提供する生産履歴情報若しくは全農大分県本部が提供する「豊後牛通行手形」を表示又は当該情報を知り得るように備え置くこと。
4  肉質等級が2等級以上であることを確認するため、社団法人日本食肉格付協会による枝肉格付情報若しくはおおいた豊後牛に合致する旨の情報を表示又は当該情報を知り得るように備え置くこと。
5  販売するおおいた豊後牛に協議会が作成したシールを貼付することとし、原則として事前包装されたものは、包装面の見やすい箇所に、対面販売の場合は、包装紙に貼付するものとする。
6  おおいた豊後牛取扱店認定証を店舗内に掲示すること。
7  協議会や関係団体等によるおおいた豊後牛取扱確認調査に協力すること。

第8
取扱実績報告

取扱卸業者会員は、取扱店会員の当該年度のおおいた豊後牛取扱実績を第3号様式により翌年度の4月末日までに協議会長あて報告するものとする。なお、取扱卸業者からの実績報告が出来ない場合は、協議会長は取扱店会員から実績報告させることができるものとする。

第9
違約金及び認定の取消
1 
取扱店会員の認定を受けた者が、おおいた豊後牛の偽装等、信用を失墜させる不適正な行為があった場合又は牛トレサ法や食品表示法などの法令に違反した場合、協議会の指示・指導に従わない場合は、幹事会で審議のうえ、50万円の違約金の支払い請求若しくは認定取り消し、又はこれを併科することができる。
2  第8に掲げる取扱実績報告を提出しない場合、または第6に掲げる取扱店認定基準を満たさないことが確認された場合は、協議会長は認定を取り消すことが出来るものとする。

附則

1)

平成22年5月10日改正時点において、認定を受けている店舗については、引き続き、改正後の第5により認定を受けたものと見なす。

2) 平成25年6月7日改正時点のおいて、認定を受けている店舗については、引き続き、改正後の第5により認定を受けたものと見なす。
3) 平成26年5月9日改正時点のおいて、認定を受けている店舗については、引き続き、改正後の第5により認定を受けたものと見なす。
4) 平成27年9月4日改正時点において、認定を受けている店舗については、引き続き、改正後の第5により認定を受けたものと見なす。
5) 平成28年5月31日改正時点において、認定を受けている店舗については、引き続き、改正後の第5により認定を受けたものと見なす。

Copyright(C) 2010-2014 大分県豊後牛流通促進対策協議会 All Rights Reserved.